高槻警察による防犯教室☆

こんにちは。高槻市承認民間学童保育室・NPO法人アフタースクールにじのいえの宮尾智美です。

9月6日(金)は高槻警察による防犯教室を行いました。毎年にじのいえでは高槻警察の警察官の方に来ていただいて、防犯教室を行っています。

夏休みも終わり、みんな毎日無事に、事故やケガなく、学校からにじのいえに帰ってきてくれほっとしています。でも子どもが巻き込まれる事件・事故は登下校時に多く起きています。だからこそ、私たち大人が見守ることも、もちろん大事ですが、「自分の命は自分で守る」という意識を子どもたち自身が、しっかりと持ってほしいなと思います。

今年は、男性警察官、女性警察官と2名の警察官が来てくださいました。

たった一つしかない命を大切にするためには、どうすればよいか。

みんなが大好きなコナンのDVDを見ながらクイズ形式で警察官の方と一緒に考えました!

みんな真剣です~!

子どもを狙う不審者が捕まった時に警察での取り調べで「なぜ、この子を狙ったのか」という質問に答える時、皆、同じことを言うそうです。

それは「その子が一人でいたから」

だそうです。「一人でいる子は狙いやすいから」だそうです。

だから、一人では遊ばない。必ず誰かと一緒に遊ぶこと。人があまりいない道を通らない。

暗いところは通らない。などなど。

車が近づいてきて道を聞かれたらどうするの?

お留守番している時、宅配業者が来たらどうする?

など、いろいんな場面での対応を学びました。

最後は、警察官が普段使っている、警棒や帽子、警察手帳、手錠も触らせていただき

本物に、みんな大喜び!

手錠がかかってしまい、警察官に外してもらうのをお願いする場面も~。

たったひとつしかない自分の命。自分の命は自分で守る。命を守るということ。子どもたちといつも忘れず過ごして行きたいと思います。