ご利用者様の声


ご利用を検討されている方も、地域の親子を支えたいとお考えの方にも、
実際に利用されている方のお声が一番の参考になると思い、こちらのページでご紹介させていただくことにしました。

ここでは、2019年現在ご利用中の方々のお声を一部ご紹介しています。
過去のものやこちらで紹介しきれなかったお声は、「にじのいえのママ・パパの声」でもご紹介しておりますのでこちらもぜひご覧ください!

最新のご利用者様の声は「こちら!

にじのいえを継続して利用したい理由は?

「もし仕事をせず家にいたらこういう過ごし方をしたいということが、そのまま行われている」(1年生 女子 保護者様)

開設当初からホームページを通じて活動を見させていただいていましたが、実際入ってみて思ていた通り、いやそれ以上の時間を過ごさせてもらっています。
何よりおうちに近い環境でのんびり過ごせていること。
お迎えに行くとスタッフさんにぴったりくっついて甘えていたと聞き、学校で気が張っている分、ゆっくりさせてもらえてありがたいと思っています。
のんびり遊んだり、ご飯を一緒に作ったり、おやつも手作りで、時にはお買い物もしたり、もし仕事をせず家にいたらこういう過ごし方をしたいということが、そのまま行われていることが、続けて通わせたい一番の理由です。
何かあった時も、子どものために丁寧に考えてくださり、信頼しています。

******

「にじのいえが大好きで、子どもの生活の一部になっている」(1年生 男子 保護者様)

下校後にじのいえに帰って過ごす時間が子どもの生活の一部になっていること。またにじのいえが大好きと話しているため。
家庭的な雰囲気で上級生との関りも多く、とても優しくしてもらっているようで、来年度、再来年度は上級生として次に入ってくる1年生に接する機会をもってほしいと思っています。

******

「子どもの安全を大切にしている」(1年生 男子 保護者様)

子どもがにじのいえで過ごす時間が好きだから。子どもの安全を大切にしてくださっているから。教育方針にぶれがないから。

******

「子どもが何より楽しんでいる!」(1年生 男子 保護者様)

子どもが何より楽しんでいること。
プラバン、パズル、将棋、おもちゃばかりになるのでなく、それをツールに子どもたちが楽しんでいることがすごく良いことだと思います。
おけいこがあるのも助かります。

******

「夏休み開始などの違いにも対応してくれる」(1年生 男子 保護者様)

長期休暇時にバラエティーに富んだ安全で美味しい昼食をいただけるので、親としては安心で、時間に余裕が持てます。
また様々なアクティビティーを体験できたり、公園での外遊び、プラバン作りなど新しい遊びがあり、飽きずに過ごしてくれています。
一人だけ遠方の登室で夏休み開始などの違いにも対応してくださり、子どもの安全を確保していただけるので安心できます。

******

「家と同じ環境で子どもがリラックスできている」(3年生 男子 保護者様)

家と同じ環境で子どもがリラックスできているので。
手作りのおやつや長期休暇の昼ご飯、おけいこ教室など働く親にとってとても助かる取り組みが多いため。
宮尾さん含めスタッフのみなさんが良い方ばかりで預けていて安心。

******

「一人ひとりをちゃんと尊重し、見守ってもらえている」(3年生 男子 保護者様)

1年生から利用させてもらっていますが、いつも温かく、優しく、一人ひとりをちゃんと尊重し、見守ってもらえているところが、今後もにじのいえに通わせ続けたい一番の理由です。
学校で嫌なことがあっても、にじのいえに帰り、スタッフの方に話を聞いてもらったり、学校とは違う友達と遊んだり、関わることで、気持ちを落ち着かせたりできているのは、本人にとっても、私たち親にとっても本当にありがたいことだと思っています。
色々なプログラム、おけいこ教室も、習い事としてはなかなか経験させてあげられなかったことも、にじのいえで体験できるのは非常にうれしいです。今後家に帰る前のもうひとつのおうちとして素敵な放課後の時間を過ごしてもらいたいと思います。

******

「何よりも、本人がにじのいえを大好き!」(5年生 女子 保護者様)

何よりも○○本人がにじのいえを大好きで、高学年にとっても、にじのいえで過ごす時間がなくてはならない時間になっています。
子どもたちが安心して、プログラムに追われることなく、のびのび居させていただき、かつ、多くの経験(クッキング、おけいこ、誕生日会など)をさせていただいて、親にとってもにじのいえほど安心してお任せできる学童は他にないと思っております。
心身ともに育んでいただき、感謝しております。

******

にじのいえでは定期的に、ご利用者様へアンケートのご協力をお願いしています。
ママ・パパの声をしっかりと受け止めて、
「働くママ・パパたちが望むことは何なのか」
「にじのいえはどうあるべきか」
にじのいえが大切にすべきことは変わらないかもしれませんが、
時代に合わせ、どうあるべきかを考える指針にしたいと思っています。

タイトルとURLをコピーしました