高槻警察署による防犯教室

こんにちは。高槻市承認民間学童保育室、アフタースクールにじのいえの宮尾智美です。

6月1日(金)は高槻警察署の警察官の方による防犯教室を行いました。毎年この時期に行っていますが、最近下校時の不審者情報も時々子どもたちから耳に入るので、今一度、防犯の意識を高めるために、しっかり学びました。

コナンのDVDを見て、不審者対応の様々なケースをクイズ形式で考えました!

「もし、友だちと一緒に帰っているときに、友だちが怖い人につかまったらどうする?」

「友だちが怖い目にあったと話してきたらどうするのがいいかな??」

「ひとりで留守番してるとき、来客があったらどうする?」

「車に乗ってる知らない人に道を聞かれたらどうする?」

などなど場面ごとに考えました。みんな、とっても真剣に聞いてました。

子どもたちも分かっていることもあれば、忘れていたりしたこともあったので、何度でも、何度でも安全について、自分で自分の命を守る方法を確認することが大事だなと思いました。

とっさのときは、ランドセルを捨て、走って逃げる。ランドセルより命の方が大切です。

できるだけ一人で歩かないこと。大きな声を出す。防犯ブザーを鳴らす。大人に助けを求める。お店などに逃げ込む。

尊いかけがえのない命を事件や事故で絶対亡くしてほしくないです。

今日のことをしっかり覚え、自分の命は自分で守る力を子どもたち自身がつけていくことをが大切だと感じました。

高槻警察の警察官の方、学び多いお話をありがとうございました。