寝ころんでもいいんだよ~

こんにちは。NPO法人アフタースクールにじのいえ宮尾智美です。

4月25日(月)今日からまた一週間が始まりました。どの学年も本格的に学校生活が始まっています。1年生も給食にそのあとの掃除。そして「今日は校庭で休み時間に遊んだよ~」など勉強に給食に遊びにみんなもりだくさんの毎日のようです。

みんな疲れたらにじのいえでゆっくりしていいんだよ~。

いつも子どもたちに声をかけています。

勉強が終わった子からおやつを食べました。

今日の手作りおやつは「牛乳寒天入りフルーツポンチ」です。

DSC04476DSC04480

 

 

 

 

 

 

みんなが食べるころにはひんやり冷た~くなるように、冷蔵庫で冷やしていました。

牛乳寒天がちょっと苦手な子もいましたが、「おいしい~!」とおかわりする子もいました。

DSC04485DSC04493

 

 

 

 

 

 

お腹も満たされ、ちょっと一息休息。

今日は外遊びには行かずお部屋でまったりゆっくりのみんなでした。そんな日もいいよね。

オセロをしたり

DSC04500

 

 

 

 

 

 

スタッフのゆかさんの髪を三つ編みしたり

DSC04498

 

 

 

 

 

 

 

おうちの人へのメッセージカードを書いたり

20160425_163705DSC04503DSC04507

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、学校から借りてきた本を寝ころんで読んだり。

DSC04584

 

 

 

 

 

 

 

Nちゃん。気が付けば2階の部屋で一人のんびりしてました。

 

にじのいえはこうして寝ころんだってOKなんです。

だって、ここはおうちだから。学校でもなく、大人数の学童保育室でもなく、集団活動をする場ではなくおうちのような場所。放課後にのんびりゆっくり過ごすところです。

私はそれを叶えたかったので、にじのいえを始めるにあたって、おうちで少人数ですることを決めました。

一人ひとり好きなことをして自由に過ごしていいし、疲れた時は寝ころんだっていいのです。

子どもたちにも「にじのいえはおうちだから、疲れた時はごろごろしてもいいよ~。好きなことしていっぱい遊んでね。」といつも言ってます。

遊びだって、なんだって、自分で考えて、選んで、自分の好きなことを存分に楽しんでほしいと思っています。大人が「これをしなさい」と決めたことをするのではなく、子どもたち自身が自分で考え選んだことをしてほしいと思っています。

きっと、存分に友だちとめいいっぱい遊べるのも小学校の低学年くらいまでかもしれません。大きくなるにつれ勉強や、習い事、受験、中学や高校になれば部活など、どんどん忙しくなって、こうして自由に友だちと遊ぶ時間が減っていくと思います。勉強も大事だけど、友だちといっぱい遊ぶこともとても大切なことだと思います。友だちとの遊びの中で子どもたちはいろんな力をつけていきます。

だから、にじのいえではおもいっきり子どもの時間を楽しんでほしいと思っています。

にじのいえではできるだけ子どもたちが自由に過ごせる時間を保障したいと思っています。

学校では楽しいこともいっぱいあるけれど、きっと頑張ったり、疲れることもあると思います。

そんなとき、にじのいえに帰ってきて、ほっとして、ゆっくりして、好きなことをして、いつもの友だちと笑って過ごして、先生でもない身近な大人に優しく見守られ、また元気に明日を迎えられるといいなと思います。

のんびりゆっくり過ごす今日の子どもたちを見て、あらためて思いました。

DSC04172