あたりまえの毎日。

こんにちは。高槻市承認民間学童保育室、アフタースクールにじのいえの宮尾智美です。

6月25日(月)今日で地震から一週間。気が抜けない毎日でした。今日まで学校は午前授業。明日から通常通りです。

だんだんと、日常がもどりつつありますが、被害に遭われ、今もまだ、悲しみの中にあったり、落ち着かない日々を過ごされている方々がいることを覚えながら過ごしたいと思います。

当たり前の毎日は、当たり前ではないこと。当たり前の日常を過ごせることがどれだけ幸せなことなのかを痛感した出来事でした。

にじのいえも今は臨時的に場所を変更しながら保育をしています。みんなもすっかり慣れ、部屋も随分整ってきました。

ほんとは子どもたちは、今までのにじのいえがいいのでは?とか、色々気にはなっていたのですが、みんな、「ここでもいいよー」と言ってくれ、子どもたちの優しさにありがとうという気持ちになりました。

おやつを作り、

おやつを食べ、

お迎えまで思い思いに過ごすみんなを見て、あらためて、ほっとしました。

子どもたちにとって、毎日安心して過ごせる場所があることがいかに大切かを感じました。

とにかく、子どもたちが、笑顔で過ごせること。大切にしたいと思います。