食べること。

こんにちは。高槻市承認民間学童保育室・アフタースクールにじのいえの宮尾智美です。

11月29日(水)今日はわりと暖かかったのですが、外は雨がぱらぱら。雨の日は、室内でゆっくり遊ぼうね~。今日のおやつは「宮尾さんのハッシュドポテト」。焼きたてはおいしいね~。

 

 

 

 

 

にじのいえのおやつは、今は、私(宮尾)とよしえさん、わかさん3人でローテーションしながら毎日作っています。手作りのおやつはにじのいえが大切にしていることの一つ。

私の時は、熱々できたて簡単おやつ。簡単だけど、「おいしい」と言って食べてくれるみんなに感謝です~。ありがとう。

最近では、たこなしたこ焼き(チーズ・コーン・ツナ入り)クレープ・餃子の皮ピザ。などなど。子どもたちがわいわい言いながら作って、出来立てを食べてます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先日、たまたまフルーツとおせんべいがおやつだった時、子どもたちに「え~!!」と言われてしまいました。「え~、おかし~!?」と残念そうに・・・。

あらためて、子どもたちは毎日のおやつを楽しみにしてくれているんだということが分かりました。

たかがおやつですが、されどおやつです。学校から帰ってきて、宿題したら、ちょっと、ほっと一息つきたいよね。大人でも一緒だもんね。おやつの時間があるから、その後も夕方まで、お腹も満たされ穏やかに、元気に遊べるのかなと感じます。もう、みんなのなかでは習慣です。

毎日子どもたちが食べるものなので、安心しておいしく食べれるように、おやつ作りのスタッフは子どもたちの喜ぶ顔を想像しながら、一生懸命作っています。子どもたちの体に取り込み、体を作っていくものなので、国産食材、遺伝子組み換えでないもの、添加物が入っていないもの、卵・牛乳・油や調味料・砂糖などは生活クラブさんのものなど、使う材料も気にしています。

子どもたちが「おいしい!」と言って喜んで食べてくれるように、おやつを食べる時がほっと一息楽しい時間に。そして、エネルギーを補って、元気に遊べるように。

そんなことを想いながら、これからも一生懸命作ります!