大切なこと

こんにちは。高槻市承認学童保育室、アフタースクールにじのいえの宮尾智美です。

にじのいえでは、月に数回ですが、子どもたちも、スタッフも全員集まってミーティングをする時をもうけています。

プログラムの予定を確認をしたり、安全のことなど確認をしたり、がんばったこと、できたことを表彰したりすることもあります。

そして毎回確認することは、にじのいえの約束です。

先日のミーティングで、「にじのいえで、宮尾さんがいつも大事にしてね、って言ってることは何かな?」と聞くと、子どもたちの口から、「自分の心と体を大切にすること、友だちの心と体も大切にすること」と3年生のNちゃんが、言ってくれました。もう、子どもたちも、随分、覚えているみたいです。

日々みんなで過ごすにじのいえでも、これから子どもたちが大きくなっていくうえでも、このことは、大切にしてほしいなと思っています。

自分も大切にしてほしいし、となりの人(友だち)のことも大切にしてほしい。と思います。一方だけではだめで、そのどちらも大切だと思います。

かけがえのない存在である自分をまず、大切にしてほしい。

大切な命。自分の命は自分で守ろうね。(危ないことはやめようね。)

自分の気持ちにうそをつかないようにしようね。

素直にまっすぐに好きなことに打ち込んでね。

じぶんの気持ちを臆せず伝えようね。いやなことはいやと言おうね。

相手のことも思いやれる気持ちを持てるといいね。どんなふうに言われたら相手はうれしいかな。考えようね。

自分がしてもらってうれしいことは何かな、それを人にもできるといいね。

となりで困っている人がいたら、声をかけようね。

今友だちはどんな気持ちかな。目には見えない気持ちを見ようとすること。

見えることより、見えないことのほうが大切なことがたくさんあるように思います。

思いを巡らし想像すること。

人はやっぱり心が大切だと思うのです。

そんなことを、子どもたちに伝えています。

一緒に過ごす大人として伝えていけるといいなと思っています。

にじのいえは子どもも大人もだれもが心地よく過ごせる場所でありたいと思います。