好きなことが自由にできる空間

こんにちは。高槻市届出済学童保育室、アフタースクールにじのいえの宮尾智美です。

今日、にじのいえで遊ぶ子どもたちの様子を見て、「こういうの、いいなぁ」とあらためて思いました。

それは、それぞれが、好きなことを好きな場所で楽しんでいる風景です。

これがいつものにじのいえの風景なのですが、自分達でやりたいことを選び、夢中になり楽しんでいる姿がとてもいい、と感じました。

にじのいえでは、それが当たり前で、とても自然な風景です。

階段上のスペースで工作に夢中の二人。

自分達であーでもない。こーでもない。と頭をひねり夢中で製作。

こちらは、男子3名。ラキューの説明書を見ながら共同で作品作りに取り組んでます。

そして、こちらは学校ごっこ。

スタッフゆかさんは生徒役で。誘われたら快く一緒に楽しみます。学校をリアルに再現して楽しんでいます。

遊びのあいまにこまを回したり。

 

そして、そのこま回しを階段でみてる子がいたり。

(頭しか写ってませんが(笑))

にじのいえは一斉に何かをすることはほとんどありません。それは、にじのいえは、学校ではなくおうちのかわりに放課後を過ごす子どもたちの居場所だからです。放課後くらい自由に好きなことをしたいもんね。

私たち大人はそんな、子どもたちの声を受け止め、子どもたちを見守り、子どもたちの「やりたい」をサポートするのが仕事です。

これからもにじのいえは子どもたちが主役の場所でありますように。