今をめいいっぱい楽しむ

こんにちは。アフタースクールにじのいえの宮尾です。

すこしブログの更新が空いてしまいました。今週の様子をまとめてお伝えします。

今週のみんなはお部屋で好きなことをしてゆっくり過ごすことが多かったです。

人気は2階の階段スペースでの「学校ごっこ」

この狭いところが大好きです。先生になる子、生徒役の子と役割を決めて学校の様子を再現しています。

見ているとほんとに楽しいのです。

「はい、今日は『あ』を勉強します。『あ』はあいうえおの『あ』です。はい、書いてください。」

DSC00820

 

 

 

 

 

 

「はい」

「次はあんごうです」

DSC00814

 

 

 

 

 

 

 

先生役ばっちりの4年生。生徒は3年生と1年生女の子。学年関係なく仲良く遊ぶ姿が本当にほほえましいです。

そして6月16日(木)は私(宮尾)は放課後児童支援員資格認定研修に参加して留守にしていた間、スタッフのわかさん、ゆかさんが保育を守ってくれました。

帰ってきてから子どもたちの様子を聞くと・・・

なんと魚釣りをしたとか。

足湯ならぬ足水!?

1466084269090 (1)

 

 

 

 

 

 

 

をしたあと、魚やペンギンを描き

1466084333418

 

 

 

 

 

 

ペンギン釣り!?魚釣りを楽しんだそうです。

14660842590691466080495960

 

 

 

 

 

 

 

最近めっきり工作に夢中のみんな。そのやりたいを叶えてくれたスタッフ。

今を生き生きと生きる子どもたち。

今この瞬間瞬間をめいいっぱい楽しむみんな。

4月に、にじのいえを始めて、初めて現場を離れた一日。やっぱり子どもたちがいる現場が一番楽しい。

研修から帰ってきたときに「宮尾さん、おかえり~」と言ってくれたみんな。ありがとう。

研修で今日講師の先生が言っていた言葉。「学童期の子どもたちにとって放課後の時間はとても大切だ」と。

余暇の時間、この放課後の時間に自由な時間がたっぷりと保障されていること。それが大事だと。

放課後の時間に自由にのんびり過ごすこと、ほっとすること、そうした時間があるから、またがんばれる。放課後は子どもたちの成長にとっても大切な時間。

まさににじのいえが大事にしていることと同じでうれしかったです。

明日からも、ずっとずっと、子どもたちが子どもの時間をめいいっぱい楽しめるように子どもたちと関わっていきたいと思います。

大人になったとき、「にじのいえで過ごして楽しかったな」と思い出してもらえるように関わっていきたいです。